中華料理はお酢と相性は抜群!

お酢は健康に良いと言われているし、料理の中になるべく取り入れたい調味料の一つです。酸っぱいものが苦手な方でも食べられて、さらにお酢を使えばもっと美味しくなる料理があります。でも、酸っぱいものが苦手だと、取り入れるのはなかなか難しいと思ってしまいます。また、お酢ドリンクなども長く飲んでいると歯に良くないと聞きますし、無理してまでお酢を使いたいとも思えないのが正直なところです。しかし、酢でさらに美味しくなる料理が中華料理です。 まず、甘酢や黒酢など、元からお酢を使っている料理はたくさんあります。酢豚もそうですし、かに玉のあんかけなどにもお酢が使われます。本格的な中華を出す店なら、甘酢か黒酢かのどっちが好みかを聞いてくれますし、風味も豊かでとても美味しいです。 また、中華料理は油っこいものが多いので、食べすぎると胃もたれすることもありますよね。でも、お酢を入れればどれもさっぱりした一品に変わりますし、食べやすくなります。それに、中華料理店へ行けば、必ずと言っていいほどテーブルの上にお酢が置いてあります。 ラーメンや、中華風焼きそばなどには、たっぷりとかけても大丈夫です。よほどの量を入れるのでなければ、酸っぱくなりすぎることもありません。塩分のことを考えるとあまりおすすめではありませんが、ラーメンのスープにお酢を入れると、ごくごく飲めてしまうほど旨味が増して飲みやすくなります。 また、餃子や点心を醤油やタレにつけるのではなく、お酢につけて食べるのもおすすめです。肉汁のスープにお酢がマッチして、より美味しくなります。 もし、中華料理とお酢のマッチングがお気に召したなら、お水にお酢を少しだけ入れたものを食事の時に飲むのもおすすめです。口の中がさっぱりしますし、レモン水のような味わいがして美味しいです。 このように、中華料理はお酢ととても相性が良いです。酸っぱいものが苦手でも、中華料理なら無理なくお酢を使った料理を楽しめると思いますので、是非試してみてください。

PR|貯蓄|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|カラスの童話|四季の童話集|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|童話|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|ショッピングカート|内職 アルバイト|住宅リフォーム総合情報|